一時停止 再生


音量小 音量大 ミュート 00:00
0
100
AAC/128kbps

第九コレクション

年末といえば、やはりベートーヴェンの第9ですよね!
これを聴かなくちゃ年が越せないと思っている方も多いのではないでしょうか。
そんな方々の為に『ベートーヴェン:交響曲第9番』を集めてみました。
是非、ハイレゾで聴いてみて下さい♪

PICK UP -おすすめタイトル-

『ベートーヴェン:交響曲第9番《合唱》 (ハイレゾ配信用)』
( 96kHz/24bit FLAC )
アンナ・トモワ=シントウ, アグネス・バルツァ, ペーター・シュライアー, ジョゼ・ヴァン・ダム, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団, ヘルベルト・フォン・カラヤン, ウィーン楽友協会合唱団, ヘルムート・フロシャウアー [2016/12/22発売] 販売価格:3,200円( 税込)
帝王カラヤンとベルリンフィルが何度も残した「第9」の中でも、最も評価の高く、彼の全盛期である1976年に残した決定版がハイレゾで蘇る!


『ベートーヴェン: 交響曲 第9番 《合唱》』
( 192kHz/24bit FLAC )
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団, レナード・バーンスタイン [2015/06/27発売] 販売価格:3,680円( 税込)
1970年頃から活動の拠点をアメリカからヨーロッパに移したバーンスタイン。ウィーンフィル、イスラエルフィル、ロンドン交響楽団等と数々の名演を残した。このライヴ録音の「第9」は、1980年度レコード・アカデミー大賞に輝いています。


『ベートーヴェン: 交響曲 第9番《合唱》』
( 2.8MHz DSD[DSF] )
小澤征爾, サイトウ・キネン・オーケストラ [2016/08/10発売] 販売価格:3,680円( 税込)
ウィーンのニューイヤー・コンサートを振り、9月からウィーン国立歌劇場の音楽監督に就任した2002年。乗りに乗っている時期の小澤征爾がライフ・ワークとして情熱を傾けているサイトウ・キネン・オーケストラとフェスティバルでライヴ録音した"歓喜の歌"!


『ベートーヴェン: 交響曲第9番「合唱付き」(NHK交響楽団/朝比奈隆)(1986)』
( 192kHz/24bit WAV ・192kHz/24bit FLAC )
片岡啓子(ソプラノ)/伊原直子(アルト)/小林一男(テノール)/勝部太(バリトン)/東京芸術大学(合唱)NHK交響楽団/朝比奈隆(指揮) [2015/03/13発売] 販売価格:1,200円( 税込)
~巨匠・朝比奈隆指揮~「N響における第九演奏史」の頂点に君臨するであろう名演~

92歳で生涯を終える直前まで舞台に立ち続け、表面的な効果に走らないその誠実な音楽によって多くの聴衆の支持を集め続けた巨匠、朝比奈隆(1908~2001)が、1986年4月の第990回定期公演で指揮した「第九」です。この公演ではドイツの巨匠ギュンター・ヴァントが登場する予定だったものがキャンセルとなり、氏の登場となったものですが、氏の残した数々の演奏の中でもトップクラスに位置付けられるほどの、超の字が付く名演奏となりました。その彫りの深さとスケールの大きさは全く彼の演奏以外からは聴けない比類のないもので、どの部分をとっても真のベートーヴェンの音楽になっているといっても過言ではないでしょう。
(※録音が古いためお聴き苦しい箇所がございます。何卒ご了承下さい。)


『ベートーヴェン:交響曲第9番《合唱つき》 (96kHz/24bit)』
( 96kHz/24bit WAV ・96kHz/24bit FLAC )
アンドレア・バッティストーニ指揮/東京フィルハーモニー交響楽団 [2016/10/19発売] 販売価格:2,800円( 税込)
容赦なく進むテンポの中に、ベートーヴェンの常軌を逸した狂気を、驚きをもって取り戻す!
リリースするアルバムが次々に高い評価を受ける若きマエストロ、バッティストーニによる待望の作品はベートーヴェンの名作「第九」。3日間に渡って都内で演奏された2015年12月の「第九」は、非常に速いテンポでありながら、崩壊的なテンポではなく、全体のバランスを捉えた理にかなった演奏となっていた。ソリストのアンドレアス・シャーガーが朗々と堂々と歌い上げソリスト陣を引っ張り、合唱団も統一感のある演奏を披露した。


ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調《合唱》作品125
L.v.Beethoven : Symphony No.9 in D minor, Op.125 "Choral"

安井 陽子(ソプラノ) Yoko Yasui(soprano)
竹本 節子(アルト) Setsuko Takemoto(alto)
アンドレアス・シャーガー(テノール) Andreas Schager(tenor)
萩原 潤(バリトン) Jun Hagiwara(baritone)
アンドレア・バッティストーニ指揮/東京フィルハーモニー交響楽団
東京オペラシンガーズ Tokyo Opera Singers (chorus)

2015年12月20日 Bunkamura オーチャードホール(ライヴ録音)
Recoeded on Dec. 20th, 2015 at Bunkamura Orchard Hall (Concert Live Recording)


『ベートーヴェン:交響曲第9番』
( 96kHz/24bit WAV ・96kHz/24bit FLAC )
サンフランシスコ交響楽団、マイケル・ティルソン・トーマス指揮 [2015/12/09発売] 販売価格:1,800円( 税込)
1995年以来、サンフランシスコ交響楽団の音楽監督を務めている、トーマスが2012年に録音した「第9」、マーラー交響曲で評価を得たトーマスだが、ここでもたサンフランシスコ交響合唱団を起用しマーラー交響曲に勝るとも劣らない歌声を聴かせてくれる。