一時停止 再生


音量小 音量大 ミュート 00:00
0
100
AAC/128kbps

Elvis Presley

「Elvis Presley」おすすめハイレゾ・タイトル

『Way Down in the Jungle Room』
( 96kHz/24bit FLAC )
Elvis Presley [2016/12/21発売] 販売価格:4,200円( 税込)
生前最後となった1976年のジャングル・ルームでのセッションの模様を収録!

1976年の2月と8月にメンフィスのエルヴィスの自宅グレースランドの居間ジャングルルームで行われたレコーディングは通称ジャングル・ルーム・セッションと呼ばれ、結果的には最後のレコーディング・セッションとなった。エルヴィスの体調面や精神面の理由から外部スタジオへ出向くことは困難と見極めたRCAはエルヴィスの自宅に機材一式を持ち込み、古い民謡からカントリー、近年のポップスにいたるまで多岐にわたる曲がレコーディングされた。この録音から2枚のオリジナル・アルバム76年4月『メンフィスより愛をこめて』(カントリーチャート1位、ゴールド・ディスク)、遺作となってしまった77年6月『ムーディ・ブルー』(ビルボード3位、マルチプラチナ・ディスク)と3枚のシングル「心の痛手」「ムーディ・ブルー」「ウェイ・ダウン」がリリースされた。
上述の2枚のアルバムに収められたセッションの音源のDisc-1(トラック1~16)とアウトテイクの音源のDisc-2(トラック17~33)という2枚組の内容でリリース。


『The Wonder of You: Elvis Presley with the Royal Philharmonic Orchestra』
( 96kHz/24bit FLAC )
Elvis Presley [2016/12/21発売] 販売価格:2,600円( 税込)
昨年、世界中で大ヒットを記録したロイヤル・フィルとの共演作第2弾!

生前のエルヴィスの声が、オーケストラの音と共に甦る!昨年(2015年)、生誕80年を記念して発売されたロイヤル・フィルハーモニーとの共演作品(『IF I CAN DREAM』)はチャート1位を獲得したUKを始め、世界各国で大ヒットを記録。UKではデビュー以来、すベての年代でアルバムが1位を獲得した唯一アーティストになった。また1位獲得12作目は男性アーティストとしては初。
その大ヒットを受けて、今秋第二弾のリリースが決定。前作同様、録りおろしのロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の演奏をバックに、エルヴィスのヴォーカル・パフォーマンスがフィーチャーされた豪華サウンドを聴かせる内容。ロンドンのアビイ・ロード・スタジオで、70年代から活躍を続け、『フックト・オン・クラシックス』という大ヒット・シリーズの生みの親でもあるドン・リードマンとイル・ディーヴォやジャッキー・エヴァンコなども手掛けているニック・パトリックという二人の名高いプロデューサー陣とともに録音。UKでは11月からはロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団とのツアーが予定されている。