一時停止 再生


音量小 音量大 ミュート 00:00
0
100
AAC/128kbps

Cafe lounge Jazz

「Cafe lounge Jazz」おすすめハイレゾ・タイトル

『ゆったり聴きたいカフェBGM プレミアムジャズベスト2』
( 96kHz/24bit WAV ・96kHz/24bit FLAC )
Cafe lounge Jazz [2016/04/23発売] 販売価格:1,000円( 税込)
爽やかなジャズ・スタンダード・ナンバーでオシャレカフェ気分を
コーヒータイムに最適な選曲&ジャジー・アレンジでお届けする「ゆったり聴きたいカフェBGM」シリーズ。第2弾は各配信チャートでもロング・ヒットを続けているスタンダード・ジャズ・ナンバー・セレクションの続編!「ゆったり聴きたいカフェBGM」は、上質のカフェにいるようなリラックスし落ち着いた空間を演出するためのBGM、というコンセプトで制作されたジャジーな香りとポップな選曲がふんだんに盛り込まれたシリーズ。第2弾の今作は第1弾に続き「Late Night Moods Piano Ballads ~ Sweet'n Slow Jazz Collection ~」「ぐっすり眠れるα波」のピアノを担当した川本比佐志氏の手による作品で、スタンダード・ナンバーをオーソドックスにカヴァーする、というありそうでなかなかない選曲とアレンジにより作られている。ジャズ・スタンダードとはいえ、映画や日本のCMにも使用されている耳に馴染みのあるポップなメロディーの楽曲をセレクト。さらにマイナー調やスロー・ナンバーが中心だった前作に比べ、今回は明るいメロディーが軽快なアレンジで並んでいるのが特徴的である。一度は耳にしたことがあるであろう爽やかな旋律がリズミカルに散りばめられ、その軽快な曲調に影響されてか、川本氏のプレイもジャジーなアドリブが前作以上に見られ、とてもいきいきとしたフレーズがアルバムのお洒落な世界感をさらにアップさせている。聴き所は、ビートの切り替わりが気持ちいい2曲目「Someday My Prince Will Come」、スウィング・アレンジの4曲目「イパネマの娘」、スローでメロウな9曲目「Misty」。軽快なタッチとトーンに彩られたサウンドでオシャレなカフェ空間を演出する今作は、コーヒータイム等リラックスな時間のBGMに最適で、スタンダード・ナンバーの珠玉のメロディーと明るいアレンジが心にゆとりを与えてくれる、素敵な音世界がたっぷり詰まったオススメの一枚である。

【アーティストプロフィール】
ピアニスト 川本 比佐志 氏
略歴:
バークリ-音学院演奏科(ジャズピアノ)卒業、
北テキサス大学 大学院修士課程修了(作曲)
日本シンセサイザープログラマー協会正会員
キングトーン音楽教室:ジャズピアノ講師


『ゆったり聴きたいカフェBGM Spring Jazz Piano Best』
( 96kHz/24bit WAV ・96kHz/24bit FLAC )
Cafe lounge Jazz [2016/03/26発売] 販売価格:1,000円( 税込)
耳に吹き込む春の音。ハイレゾならではのピアノの息吹を体感。

コーヒータイムに最適な選曲&ジャジー・アレンジでお届けする「ゆったり聴きたいカフェBGM」シリーズ。
今回は、春にぴったりのJ-POPソングばかりを集めてお届け!

花もひらき、暖かな陽射しが窓からこぼれる季節。
そんなのんびり時間のお供には香り高いコーヒー、そして贅沢ピアノ。
音に包まれてリラックス アン リラックス。
楽器はすべてそうだが、ピアノももれなく演奏者によってその音の彩りが変わる。
弾く者の指の形、力、スピード、切れ際、体の大きさなど。決して同じ音が出ない
そのオリジナリティ、そのピアニストの生き様がありありと伝わるのが
ハイレゾの特徴でもある。ダンパーペダルを踏む音でさえ音楽になる。

そんな高音質のピアノで語られるJ-POP。普段耳馴染みのある曲が
ピアニスト一人の表現で、また違った味わいを魅せるのもこのシリーズの特徴。
メロディに添える和声の遊び、ソリストとして自由にアウトして(音の散歩とでも言おうか)
また本道に戻ってくる様はライトノベルのサイドストーリーのよう。
そして必ずハッピーエンド。耳の中から春の訪れを知らせてくれる。

ジャズのエッセンスをちりばめながら春風のように流れる楽曲の中でも
9曲目「友~旅立ちの時~」は、シャッフルアレンジで心地が良い。
桜の木の下を歩きながらいつか見た自身の卒業の風景に重ねて是非聴いて欲しい。
桜並木をくぐり抜ける中、ダラーブランドのような大地の音を感じさせる瞬間もあり
ジャズファンにも楽しめる作品となっている。

風、花、出会いと別れ、そして新しい自分。
春の楽しみ方を知っている人に寄り添う、おすすめのアルバムだ。


『ゆったり聴きたいカフェBGM プレミアムジャズベスト』
( 96kHz/24bit WAV ・96kHz/24bit FLAC )
Cafe lounge Jazz [2016/03/12発売] 販売価格:1,000円( 税込)
スタンダードを集めたリラクシン・ジャズ・サウンドでカフェ空間を

コーヒータイムに最適な選曲&ジャジー・アレンジでお届けする
「ゆったり聴きたいカフェBGM」シリーズ。
第1弾は珠玉のスタンダード・ジャズ・ナンバーばかりを集めてお届け!

「ゆったり聴きたいカフェBGM」は、上質のカフェにいるようなリラックスし落ち着いた空間を演出するためのBGM、というコンセプトで制作されたジャジーな香りとポップな選曲がふんだんに盛り込まれたシリーズ。

第1弾の今作は「Late Night Moods Piano Ballads ~ Sweet'n Slow Jazz Collection ~」「ぐっすり眠れるα波」のピアノを担当した川本比佐志氏の手による作品になっている。多くの人が一度は耳にした事があるであろうジャズのスタンダード・ナンバーを、ベースやドラムも交えてあえてオーソドックスなアレンジで並べたアルバムであるが、かなり多くのバージョンが溢れるスタンダード・ナンバー・カヴァーの中にあって、そのアレンジの直球具合がとても気持ちよく、ありそうでなかったサウンドのアルバムにまとまっている。

川本氏のプレイも、BGMを前提に作られたものであるだけにラウンジ感を意識した落ち着いたものになっているが、それが歌心溢れるメロディアスなフレーズと落ち着いたタッチを生み出し、とても心地いい空間を提供してくれる素晴らしい音色に溢れた作品となっている。

特にオススメはスウィングが気持ちいい2曲目「Fly me to the moon」と8曲目「枯葉」、コード・ボイシングが美しい3曲目「What a wonderful world」、メロディアスなインタープレイが良い5曲目「Summertime」。

時代を越えて愛され続けるジャズの名曲を、心地良さを追求しあえてオーソドックスなアレンジで並べたこの作品、自宅でのカフェ・タイムに、外出先で一息つきたい時に、就寝前のひとときに必ず流したくなるような1枚であり、愛すべきリラクシン・ジャズ・サウンドが存分に詰まった作品である。


【アーティストプロフィール】
ピアニスト 川本 比佐志 氏
略歴:
バークリ-音学院演奏科(ジャズピアノ)卒業、
北テキサス大学 大学院修士課程修了(作曲)
日本シンセサイザープログラマー協会正会員
キングトーン音楽教室:ジャズピアノ講師