一時停止 再生


音量小 音量大 ミュート 00:00
0
100
AAC/128kbps

Glenn Gould

「Glenn Gould」おすすめハイレゾ・タイトル

『Mozart: Piano Concerto No. 24 in C Minor, K. 491 - Schoenberg: Piano Concerto, Op. 42 - Gould Remastered』
( 44.1kHz/24bit FLAC )
Glenn Gould [2016/12/21発売] 販売価格:2,600円( 税込)
「ピアノ協奏曲」の歴史を端的に表す2曲。モーツァルトはグールド唯一の録音。

グールドにとって唯一となったモーツァルトの協奏曲録音がこの《第24番》。「ピアノと管弦楽のための音楽の実質的な始発点と終着点」とグールドがグールドらしい言葉で説明したモーツァルトにシェーンベルクをカップリングするというアイデアもまた、グールドらしい主張を感じさせるもの。常に一種の静謐さを湛えるピアノは、モーツァルトにもシェーンベルクにも格別な味わいを与える。


『Beethoven: Piano Sonatas Nos. 8-10 - Gould Remastered』
( 44.1kHz/24bit FLAC )
Glenn Gould [2016/12/21発売] 販売価格:2,600円( 税込)
有名な「悲愴」ソナタで始まるこのアルバムですが、ベートーヴェンの初期のピアノ・ソナタの頂点を極めた劇的でかつ美しい「悲愴」ソナタももちろんすばらしいと同時に、比較的小ぢんまりとした作品14の2曲も、よりきりりと引き締まった形式感を強く感じさせる、ここでのグールドの演奏といえましょう。