一時停止 再生


音量小 音量大 ミュート 00:00
0
100
AAC/128kbps

Billy Joel

「Billy Joel」おすすめハイレゾ・タイトル

『The Essential Billy Joel』
( compilation FLAC )
Billy Joel [2017/01/12発売] 販売価格:4,200円( 税込)
ビリー・ジョエルのヒット曲を網羅!!全36曲を収録したベスト盤の決定版がここに!

1949年NYブロンクスに生まれたビリーは、後にロング・アイランドに移住。ビートルズの出現によりロック・スターになる決意をした彼は、学業そっちのけで数々のバンドに参加したりNYのクラブで弾き語りをしながら生活。アッティラというバンドでレコーディングまでするも成功には至らず、'71年にソロ・デビュー。再び全く成功せずロスアンゼルスに移住。'73年のCBS移籍第一弾となる『ピアノ・マン』でゴールド・ディスクを獲得し'77年には『ストレンジャー』で大ブレイク。「素顔のままで」は、グラミーで最優秀レコード賞と最優秀楽曲賞を受賞し、名実ともにトップ・スターの仲間入りを果たしました。'78年の『ニューヨーク52番街』は初の全米NO.1アルバムとなり、翌年のグラミーでも最優秀アルバム賞を受賞。そうしてワールドワイドに順調な活動を続けていきます。'93年の『リヴァー・オブ・ドリームス』発表以降、ポピュラー音楽のスタジオ作をリリースしていませんでしたが、'99年に”ロックの殿堂”入りを果たします。20世紀を代表するソングライターでメロディメイカーであるビリー・ジョエル、彼の名曲は時代を超えて愛され続けています。

◆全米No.1ヒット曲
#14「It's Still Rock and Roll to Me / ロックンロールが最高さ 」(1980年)
#23「Tell Her About It / あの娘にアタック」(1983年)
#28「We Didn't Start the Fire / ハートにファイア」(1989年)

◆グラミー賞受賞作
#11「Just the Way You Are / 素顔のままで」(78年度最優秀レコード賞・楽曲賞)
(アルバム)『ニューヨーク52番街(52nd Street)』(79年度最優秀アルバム賞)

◆オリジナル収録アルバム
#1~3・・・『ピアノ・マン(Piano Man)』(1972年)
#4  ・・・『ストリートライフ・セレナーデ(Streetlife Serenade)』(1974年)
#5~7・・・『ニューヨーク物語(Turnstiles)』(1976年)
#8~11・・・『ストレンジャー(The Stranger)』(1977年)
#12,13・・・『ニューヨーク52番街(52nd Street)』(1978年)
#14~16・・・『グラス・ハウス(Glass Houses)』(1980年)
#17  ・・・『ソングズ・イン・ジ・アティック』(Songs in the Attic)』(1981年)
#18,19・・・『ナイロン・カーテン(The Nylon Curtain)』(1982年)
#20~24・・・『イノセント・マン(An Innocent Man)』(1983年)
#25,26・・・『ザ・ブリッジ(The Bridge)』(1986年)
#27~31・・・『ストーム・フロント(Storm Front)』(1989年)
#32~34・・・『リヴァー・オブ・ドリームス(River of Dreams)』(1993年)
#35,36・・・『ファンタジー・アンド・デリュージョンズ(Fantasies & Delusions)』(2001年)


『グラス・ハウス』
( 96kHz/24bit FLAC )
Billy Joel [2014/09/17発売] 販売価格:2,600円( 税込)
シングル・カットされてキャリア初の1位を獲得した「ロックンロールが最高さ」や7位を記録した「ガラスのニューヨーク」、19位に入った「ドント・アスク・ミー・ホワイ」などこちらも充実のアルバムとなり全米チャート6週連続1位を記録。また3作連続でグラミー賞(最優秀男性ロック・ヴォーカル賞)を受賞する偉業を成し遂げた。(1980年作品)


『イノセント・マン』
( 96kHz/24bit FLAC )
Billy Joel [2014/09/17発売] 販売価格:2,600円( 税込)
フォー・シーズンズ風の「アップタウン・ガール」、ドゥーアップ風「ロンゲスト・タイム」「イノセント・マン」「テル・ハー・アバウト・イット」などビリーの熟達した曲作りが煌く傑作。全米チャート4位、500万枚を売った。(1983年作品)