一時停止 再生


音量小 音量大 ミュート 00:00
0
100
AAC/128kbps

Czech Philharmonic, Jiri Belohlavek, Garrick Ohlsson, Alisa Weilerstein, Frank Peter Zimmermann

「Czech Philharmonic, Jiri Belohlavek, Garrick Ohlsson, Alisa Weilerstein, Frank Peter Zimmermann」おすすめハイレゾ・タイトル

『Dvorák: Complete Symphonies & Concertos』
( 96kHz/24bit FLAC )
Czech Philharmonic, Jiri Belohlavek, Garrick Ohlsson, Alisa Weilerstein, Frank Peter Zimmermann [2015/06/26発売] 販売価格:4,400円( 税込)
艶やかな弦セクションのサウンドで魅せる新録音!

1960年代のケルテス録音以来となるDECCAのドヴォルスザーク・チクルス。今回はチェコ・フィル&首席指揮者、ビエロフラーヴェクによる演奏です。ビエロフラーヴェクにとってチェコ・フィルの首席指揮は1990年-92年に引き続き2度目となりますが、両者の良好な関係は昨年の来日公演でも周知のところです。ビエロフラーヴェクがチェコ・フィルに生き生きとした活力を吹き込み、満を持して行われたこのチクルスでは、交響曲全曲に加え、協奏曲3曲も取り上げられています。チェロ協奏曲のみは単独で既に発売されていますが、その他の曲はすべて初出となります。ムターとならび賞されるドイツの中堅ヴァイオリニスト、フランク・ペーター・ツィンマーマンにるヴァイオリン協奏曲、ギャリック・オールソンによるピアノ協奏曲も全てチェコ・フィルの本拠地であるドヴォルザーク・ホールで収録されました。懐かしき郷愁、抒情の裏でふつふつとたぎる骨太なスラヴ魂をご堪能下さい。

録音年:2012年11月&12月、2013年11月&12月 (交響曲)、2013年6月(チェロ協奏曲)、2013年12月(Vn協奏曲)、2013年7月(ピアノ協奏曲)
録音場所:プラハ、ドヴォルザーク・ホール
指揮者:イルジー・ビエロフラーヴェク
演奏者:フランク・ペーター・ツィンマーマン(ヴァイオリン)、ギャリック・オールソン(ピアノ)、アリサ・ワイラースタイン(チェロ)
楽団:チェコ・フィルハーモニー管弦楽団