一時停止 再生


音量小 音量大 ミュート 00:00
0
100
AAC/128kbps

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団, 小澤征爾

「ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団, 小澤征爾」おすすめハイレゾ・タイトル

『Mahler: Symphony No. 9 in D major』
( 192kHz/24bit FLAC )
Seiji Ozawa [2016/12/21発売] 販売価格:2,600円( 税込)
小澤=SKOが描く、マーラーの真髄
小澤征爾とサイトウ・キネン・オーケストラによって、年始の東京文化会館にて行われたマーラー・シリーズ。2000年1月の「復活」は大きな話題となったが、その第2弾としてとりあげられたのが2001年1月のこの「9番」。
「復活」に比べ、凝縮されたオーケストレーションによる透明度の高い響きが印象的なこの「マラ9」だが、調性感覚が極限まで拡大されたマーラー晩年の熟達した筆によるスコアを、名手ぞろいのサイトウ・キネン・オーケストラと、マーラーのスペシャリストである小澤征爾が、このうえなく美しい響きに変換していくさまが手に取るようにわかる名演奏・名録音による作品となっている。


『Mahler: Symphony No. 2 in C Minor "Resurrection"』
( 96kHz/24bit FLAC )
Seiji Ozawa [2016/12/21発売] 販売価格:4,200円( 税込)
小澤征爾と、サイトウ・キネン・オーケストラによるマーラーの交響曲チクルス第1弾となったアルバムです。かつて80年代に、小澤は当時の手兵ボストン交響楽団とともにマーラーの交響曲全集を完成させており、マーラーのスペシャリストとしての呼び声も高い指揮者ですが、今回のオーケストラは世界中の名手を集めたサイトウ・キネン・オーケストラ。各所ですばらしいソロが繰り広げられ、またアンサンブルもこの時限りのものとは思えない素晴らしさ。オーケストラが小澤征爾のバトンのもとで自由自在に歌うさまは、まさに圧巻です。


『リムスキー=コルサコフ:交響組曲《シェエラザード》』
( 2.8MHz DSD[DSF] )
小澤征爾, ボストン交響楽団 [2016/08/10発売] 販売価格:3,680円( 税込)


| 1 « | 1 | 2 | » 2 | 【 次へ 】