一時停止 再生


音量小 音量大 ミュート 00:00
0
100
AAC/128kbps

ALBERTO GIRALDI Jazz Quartet

「ALBERTO GIRALDI Jazz Quartet」おすすめハイレゾ・タイトル

『GEOMETRIE AFFETTI PERSONALI』
( 96kHz/24bit WAV ・96kHz/24bit FLAC )
ALBERTO GIRALDI Jazz Quartet [2017/03/12発売] 販売価格:1,500円( 税込)
耽美なピアノと大陸的ホーンが絡み合う歌心たっぷりのコンテンポラリー・ジャズ・サウンド

劇伴やTV音楽でかなりの実績を誇るイタリアのベテラン叙情派ピアニストが率いるコンテンポラリー・カルテットのアルバムが、イタリアのALFA MUSICより登場!

リーダーのアルベルト・ジラルディは’61年生まれのピアニスト/作曲家。80年代より劇中音楽やTV番組の音楽を数多く手掛ける他、ジャズ・ミュージシャンとしても7枚のアルバムをリリースする等、精力的に活動している音楽家である。このカルテットとしては初のアルバムになる。参加メンバーは、ALFAよりリーダー作もリリースし、パオロ・フレスやエンリコ・ラヴァらとも活動を共にしていたベテランのエットーレ・フィオラバンティ(Dr)、同じALFA作品のステファニア・タリーニやエリオ・タッティのアルバムにも参加しているフェリベルト・バレルミニ(Sax)、同胞のレーベル”SMOOTHNOTES”よりリリースされているカルテット「JAZZISTIC」のメンバーでもあるリカルド・ゴラ(B)、そしてスペシャル・ゲストとして’12年にイタリアの音楽賞で”ベスト・ニュー・タレント”を受賞した注目の若手トランペッターのフルヴィオ・シグルタが参加!

ラテンの匂いも感じるコンテンポラリー/フュージョン寄りのリズムに、切なくメランコリックながらも大陸的でスケール大きなメロディーが乗っかるサウンド。アルベルトのピアノはヨーロピアン・ジャズの哀愁と叙情感たっぷりのメロディアスなプレイが抜群で、そこにかぶさってくるフェリベルトのサックスとフルヴィオのペットのスケール感溢れる大きなフレーズを中心としたプレイもとても印象的。そのピアノとホーンの対比とアンサンブルのバランスが大きな個性となり、アルバムの独特の色を決定づけている。ブルージーなサウンドやポップで歌心溢れるバラードも飛び出し、流石の懐の深い内容のサウンドも聴き所。オススメは、爽やかさと切なさが同居した2曲目「LA LEGGENDA DELL'APE 」、大人でブルージーな要素たっぷりの8曲目「IL BISOGNO DI CAPIRE」、切ないメロディーと対比するアンサンブルがとても良い9曲目「I RESIDUI DELL'ANIMA」。

歌心と叙情的空気感に満ちたピアノ・サウンドと、ハートフルなロングトーンが印象的なホーンの絡みが抜群の、個性的なコンテンポラリー・ジャズがたっぷり楽しめるオススメの作品!

Alberto Giraldi (Piano & Composer)
Ettore Fioravanti (Drums)
Filiberto Palermini (Alto & Soprano Sax)
Riccardo Gola (Double Bass)
Special Guest : Fulvio Sigurta (Trumpet)