一時停止 再生


音量小 音量大 ミュート 00:00
0
100
AAC/128kbps

Gustavo Dudamel, Wiener Philharmoniker

「Gustavo Dudamel, Wiener Philharmoniker」おすすめハイレゾ・タイトル

『New Year's Concert 2017 / Neujahrskonzert 2017』
( 96kHz/24bit FLAC )
Gustavo Dudamel, Wiener Philharmoniker [2017/01/09発売] 販売価格:4,200円( 税込)
2017年のニューイヤー・コンサートが、CDに先駆け、早くもハイレゾにて配信開始!

■毎年1月1日に行なわれるウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート。クラシック音楽の中でも最も有名で、ウィーンの誇る黄金のムジークフェラインザールからTVとラジオを通じて世界80カ国以上に放送され、4億人が視聴するというビッグ・イベント。1939年に始まる75年以上の歴史を誇るこのコンサートでは、音楽の都ウィーンを象徴するシュトラウス一家のワルツやポルカが演奏され、その高額のチケットは世界一入手困難と言われています。
■2017年は、ベネズエラ出身で今最も勢いに乗る指揮者グスターボ・ドゥダメルが初登場。ウィーン・フィルの指揮台にも頻繁に登場する彼が出演を電話で打診された時、「踊り上がって、叫び声をあげて、大喜びした」(アンドレアス・グロスバウアー楽団長談)というほどのノリで、初出演に向けて大きな意気込みを抱いています。
■演奏曲目は、定番の「美しく青きドナウ」「ラコッツィ行進曲」などに加えて、「ウィーン・フィル創立175周年」、「女帝マリア・テレジア生誕300年」などの記念イヤーやドゥダメルのパーソナリティに相応しい曲などの観点から選曲され、ニューイヤー・コンサート初登場8曲を含み、新鮮味十分です(ワルトトイフェルの「スケートをする人々」のような有名曲が初登場というのも意外)。ウィーン楽友協会合唱団の参加も珍しいことです。鮮明な映像と音声は、たくさんの花で美しく彩られたウィーン・ムジークフェラインの黄金のホールで繰り広げられる音楽の饗宴を生々しく楽しむ贅沢を与えてくれます。

ウィーン楽友協会合唱団
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:グスターボ・ドゥダメル

[録音]2017年1月1日、ウィーン、ムジークフェラインザールでのライヴ・レコーディング


『ムソルグスキー:組曲《展覧会の絵》』
( 96kHz/24bit FLAC )
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団, グスターボ・ドゥダメル [2016/12/02発売] 販売価格:3,200円( 税込)
ドゥダメルの眩い光に照らされ、典雅な響きの中に新たな貌を見せたウィーン・フィル

ドゥダメルのCDデビュー10周年記念! ウィーン・フィルを振ったロシア作品集の登場です。2007年に26歳でウィーン・フィルの指揮台に初登場し、以後良好な関係を築いているドゥダメルですが、このコンビでは待望の初スタジオ録音となりました。壮麗で豊かなコクのあるサウンドを熱い躍動でドライヴする必聴盤です。