一時停止 再生


音量小 音量大 ミュート 00:00
0
100
AAC/128kbps

Various Artists

「Various Artists」おすすめハイレゾ・タイトル

『ハイレゾクラシック the First Selection (eilex HD Remaster ver.)』
( 192kHz/24bit WAV ・192kHz/24bit FLAC )
Various Artists [2017/01/19発売] 販売価格:1,620円( 税込)
国内3サイトで年間チャートを制した大人気アルバムが、話題の技術で驚きのアップグレード!

2015年、VICTOR STUDIO HD-Music.ほか主要ハイレゾ3サイトで軒並み年間トップアルバムを獲得した「ハイレゾクラシック the First Selection」(Naxos)。誰もが知るクラシックの名曲10トラックをコンパイルしたこのアルバムは、ハイレゾ初体験の方から長年のオーディオ・ファンに至るまで、幅広い層のリスナーに高い支持と評価を受けてきました。

そんな人気アルバムの 192kHz/24bitリマスター版がこのたび満を持して登場しました。96kHz/24bit のオリジナルソースを、多くのオーディオのプロが注目するアイレックス株式会社の独自開発技術「Eilex HD Remaster」を用いてアップコンバート。ごく自然な形で倍音成分が補完され、より磨かれたクオリティでお愉しみいただけるようになりました。

もちろん機械的なアップサンプリングではなく、過剰にハイファイ感を演出することもありません。従来の技術では不可能だった「サンプル点自体を自在に配置し直す」工程を経ることで、レコーディングの現場で響いていたはずの自然な倍音を再現し、オリジナルの制作者の意図を損なうことなく、各楽器の立ち上がりやニュアンス、会場の音響特性といったオーディオ表現力を大きく向上させることに成功したといえるでしょう。オリジナル版(96kHz/24bit)との聴き比べもお薦めです。

■Eilex HD Remasterの解説はこちら

■オリジナル版(96kHz/24bit)はこちら


『BRIGHT YOUNG MOONLIT KNIGHTS -We Can't Live Without a Rose- MOONRIDERS TRIBUTE ALBUM』
( 44.1kHz/24bit WAV ・44.1kHz/24bit FLAC )
Various Artists [2016/12/21発売] 販売価格:2,916円( 税込)
薔薇がなくちゃ生きていけない''デビュー40周年記念、ムーンライダーズを慕い影響を受けてきた次世代アーティスト達が果敢に挑むトリビュート・アルバムが発売!


『Midnight Lounge~夜更けに聴きたい大人のための北欧ジャズ』
( 96kHz/24bit WAV ・96kHz/24bit FLAC )
Various Artists [2016/12/17発売] 販売価格:1,500円( 税込)
静かな夜に聴きたくなる大人のジャズコンピ

デンマーク、コペンハーゲンに拠点を置き、”Nordic Dynamic”システムを使用した高い音質とポピュラリティ溢れる上質な作品作りで高い人気を誇る北欧の最重要ジャズ・レーベルのひとつ「Stunt Records (Sundance Music)」。その良質な作品群の中から、夜更けの時間帯にぴったり合う大人の空気感漂う楽曲をセレクトしたコンピレーションが登場!

叙情的なメロディー、繊細なプレイ、ひとつひとつの音像を大切にしたヒューマンなサウンドが特徴的な北欧ジャズ・サウンド。それらの音世界と夜更けの張りつめた空気感との相性の良さに注目し、真夜中にじっくり楽しみたい落ち着いた大人の雰囲気漂う楽曲ばかりをピックアップしたアルバム。収録されているのは、暖かく深く、スピリチュアルでソウルフルな歌声が魅力のエタ・キャメロン(M−1、2、4、5、13~15、18)、デンマーク放送局オーケストラの首席指揮者を長く務めたデンマークを代表するピアニスト/アレンジャーと歌心溢れるフレーズで若手ながら引っ張りだこの人気を誇るベーシストのデュオであるオーレ・ノック・ハンセン&トーマス・フェネスベック(M−6、21、23)、15枚のリーダー作をリリースする等柔らかさと歌心に満ちたプレイで人気のサキソニストと日本でもよく知られている北欧を代表する叙情派ピアニストの共演サウンドが素晴らしいハンス・ウルリク&ラーシュ・ヤンソン(M−7、9、11、16)、メロウで滑らかなプレイとサウンドを聴かせるハンス・ウルリクのリーダー作(M−8、10、12、20)、マイルス・バンドの初の女性メンバーとして知られ、ピアノやダンスもこなすマルチ・パーカッショニストのマリリン・マズール(M−19)らで、どのアーティストもStunt Recordsを代表する実力者だけあって、メロディーを華麗に歌わせるセンス、流れるように流暢なプレイでもって暖かく、そして深い人情味溢れるサウンドスケープを聴かせてくれており、どの曲も真夜中を落ち着いた大人のトーンでしっとりと彩ってくれる魅力的サウンドで溢れている(M−3は「PIANO BALLADS featuring Amara」、M−17は「PIANO BALLADS featuring Kewei ~Jazz Covers Collection~」、M−22は「ぐっすり眠れるα波 ~ ジャズ ピアノ・ベスト」よりピックアップ)。

夜更けの時間にじっくりと聴きたくなるような叙情的なメロディーとヒューマンなトーンに包まれた大人の北欧ジャズがたっぷりと堪能できる、オススメのコンピレーション盤!


| 1 « | 1 | 2 | 3 | 4 | » 4 | 【 次へ 】