一時停止 再生


音量小 音量大 ミュート 00:00
0
100
AAC/128kbps

有森博

1992年東京藝術大学大学院修了。その後モスクワにて研鑽を積み現在に至る。
野上登志子、水本雄三、小林仁、
ナターリャ・スースロワの各氏に師事。
1990年第12回ショパン国際コンクール最優秀演奏賞。
1991年岡山県芸術顕彰受賞。
1992年第5回シドニー国際ピアノコンクール第4位。
1994年第10回チャイコフスキー国際コンクールピアノ部門入賞。

1996年から2000年にかけてラフマニノフのピアノ作品全曲演奏会を
成し遂げ、さらに2001年にはプロコフィエフのピアノソナタ全曲演奏会を
成功させるなど、ロシア作品に積極的に取り組み独自の活動を
展開し、ロシア音楽のエキスパートとして高い評価を受けている。

1995年、2001年に小澤征爾指揮新日本フィルとの協演をはじめ、
日本フィル、東京シティフィル、読響、関西フィル、九響、山響、仙台フィル、東フィル、神奈川フィル、
ワルシャワフィル、ポーランド国立放送響などの内外のオーケストラ、著名指揮者との協演を重ねている。
2004年には小澤征爾指揮サイトウキネンオーケストラのメンバーとして
ヨーロッパ6ヶ国のツアーに参加。9月にはサイトウキネンフェスティバルに出演。

これまでにソロアルバムで17枚のCDがリリースされ、多くが特選盤に推薦されている。
2016年5月には18枚目のCD「ラフマニノフ楽興の時」が㈱フォンテックより発売される予定。

現在、カバレフスキー、ラフマニノフの全曲録音が進行中。
ロシア作品によるリサイタルシリーズを、東京文化会館(「ロシアの玉手箱」)、
久世エスパスホール(「ロシアピアニズムの系譜」)にて行っている。

東京藝術大学准教授。桜美林大学特任教授。大阪音楽大学特任教授。沖縄県立芸術大学非常勤講師。

「有森博」おすすめハイレゾ・タイトル

『ラフマニノフ: 変奏曲集』
( 96kHz/24bit WAV ・96kHz/24bit FLAC )
有森博 [2014/12/17発売] 販売価格:2,056円( 税込)
ロシア作品を得意として、多くの聴き手を魅了してきた
有森博によるラフマニノフ作品集の第3弾。
今作では変奏曲に焦点をあてた選曲で、
初期の大曲である「ショパンの主題による変奏曲」と、
ラフマニノフ最後のピアノ独奏曲である「コレルリの主題による変奏曲」を中心に収録。
いずれも、きわめて高度な技術が要求されながら、
同時に変奏曲ならではの構成感も求められる難曲です。
あくまで自然体で変奏曲ならではの細やかな表情を有森は見事に表現しています。