一時停止 再生


音量小 音量大 ミュート 00:00
0
100
AAC/128kbps

アラステア・マイルズ、 マリー=ノエル・ケンドール

「アラステア・マイルズ、 マリー=ノエル・ケンドール」おすすめハイレゾ・タイトル

『ブラームス&ヴォルフ 歌曲集/アラステア・マイルズ』
( 44.1kHz/24bit WAV ・44.1kHz/24bit FLAC )
アラステア・マイルズ、 マリー=ノエル・ケンドール [2016/10/03発売] 販売価格:1,500円( 税込)
英国を代表する歌手の演奏による、ブラームス&ヴォルフをカップリングした必聴のアルバム!
1997年に設立され、クラシックを中心に厳選された良質の音楽を提供し続けているイギリスのレーベル「Signum Records」より、多くの歌曲を書き遺したブラームス&ヴォルフの歌曲集が登場!

ヨハネス・ブラームス(Johannes Brahms 1833-1897)は、19世紀ドイツの作曲家、ピアニスト、指揮者。J.S.バッハ(Bach)、ベートーヴェン(Beethoven)と共に、ドイツ音楽における「三大B」とも称される。ハンブルクに生まれ、ウィーンに没する。管弦楽作品以外でも室内楽曲、器楽曲、声楽曲を数多く作曲しており、これらのジャンルがブラームスの作品の大半を占めている。最大の声楽の作曲家の一人であるとも言われ、300曲以上の歌曲や合唱曲を書いている。

フーゴ・ヴォルフ(Hugo Wolf 1860-1903)は、オーストリアで生まれた作曲家・音楽評論家。ヴォルフはワーグナーを敬愛し、彼の影響を受けながら詩の響きと意味を深く掘り下げ、独自の世界を切り開いた。ヴォルフが自分の作品を携えてブラームスを訪ねた時に「もっと音楽の世界を広げた方がよい」という助言をもらったが、それが自分への批判のように聞こえたため、厳しいブラームス拒否へと結びついていった。当時、ワーグナー派とブラームス派が対立していたが、ヴォルフはこの対立に便乗する形となった。
アラステア・マイルズ(1961-)は、英国出身のバス歌手。英国のギルドホール音楽院で学ぶ。ウィーン国立歌劇場、バイエルン国立歌劇場、ミラノ・スカラ座、ネーデルラント・オペラなど、欧米の主要オペラハウスで活躍中で、世界の名高い指揮者との共演を重ねている。

1~3曲目の「ゲーテの詩による歌曲集」は、ヴォルフ名声を博した最高傑作の一つである。12〜15曲目の「4つの厳粛な歌」は、ブラームスの晩年の作品で最後の声楽曲である。バスとピアノのために書かれた歌曲で、テキストは聖書から取られている。アレステア・マイルズの幅広い表現力と深みのあるバスの響きと、マリー=ノエル・ケンドールの卓越した技術とバランスの整ったピアノによる二人の息の合った演奏は素晴らしく、思わず聴き入ってしまう。珠玉のドイツ歌曲に触れるとともに、バス歌唱の創り出す独特の世界観に浸ることのできる、オススメのアルバム!