一時停止 再生


音量小 音量大 ミュート 00:00
0
100
AAC/128kbps

Jazz

TOPJazz > 伊東 たけし
T.K.

T.K.

伊東 たけし Sony Music Direct(Japan)Inc. リリース日:2017/03/29 ファイル形式:
| FLAC | 96kHz/24bit 
アルバム購入 ¥3,200 購入
サウンドのメルティンッグ・ポット、N.Y.から伊東たけしのアーバン・ファンク直輸入!!

オリジナル発売日:1988年10月21日
◎参加ミュージシャン:ザ・システム、ドッペルギャンガー、ジェフ・ローバー他
第3弾ソロアルバムもニューヨーク録音。全編を通して、当時最先端のNYの打ち込みサウンドが、存在感のある音色、さりげないけれど印象に残るメロディの歌い方など、伊東の魅力をよく引き出している。プロデュースは2作目にも参加した『ドッペルギャンガー』:フィリップ・セス(key)とランディ・フレドリックス(g)が4曲、そして『ザ・システム』:ミック・マーフィー(Vo)とデビッド・フランク(key)が4曲と、半分ずつ担当。ジャジーな要素を入れて、クールなドッペルギャンガーに対して、ザ・システムのほうは、メリハリをきかせてファンキーに作りこんでいる。両者ともに、ベースとドラムはプログラミングで、打ち込みを大胆に使用。機械っぽい音と、より生音に近い音、それぞれをうまく使い分けた。ヴォーカルを中心に据えつつ伊東がアルトで絡む楽曲が多く、トータルな聴きやすさを重視している。『FAMOUS』は住友金属のCF曲。フィリップ・セスでローズの音色で弾くファンキーなリフとともに、伊東の流れるようなアルトが存在感たっぷりにメロディを歌う。ジャズの手法をとりいれて、キーもどんどん変わるが、メロディ自体はポップ、ドン・アライアスのパーカッションが隠し味に効いている。このアルバムも含めた3枚のソロ作品を制作し、その手ごたえの大きさが、90年代に伊東たけしをソロ活動へと向かわせたのかもしれない。
トラック 曲 名 クレジット 時 間 金 額 試 聴 購 入
1 COWBELL 伊東 たけし[演奏], David Frank/Mic Murphy[作曲] 0:04:16 ¥540 試聴 購入
2 FAMOUS 伊東 たけし[演奏], Randy Fredrix/Philippe Saisse[作曲], Randy Fredrix/Philippe Saisse[作詞] 0:04:52 ¥540 試聴 購入
3 THIS IS THE NIGHT 伊東 たけし[演奏], Randy Fredrix/Philippe Saisse[作曲], Randy Fredrix/Philippe Saisse[作詞] 0:04:04 ¥540 試聴 購入
4 UPTOWN SATURDAY NIGHT 伊東 たけし[演奏], David Frank/Mic Murphy[作曲], David Frank/Mic Murphy[作詞] 0:05:01 ¥540 試聴 購入
5 PLACEBO 伊東 たけし[演奏], Randy Fredrix/Philippe Saisse[作曲], Randy Fredrix/Philippe Saisse[作詞] 0:03:59 ¥540 試聴 購入
6 ALWAYS TOGETHER 伊東 たけし[演奏], David Frank/Mic Murphy[作曲], David Frank/Mic Murphy[作詞] 0:04:31 ¥540 試聴 購入
7 BOUNCE BACK 伊東 たけし[演奏], David Frank/Mic Murphy[作曲], David Frank/Mic Murphy[作詞] 0:04:51 ¥540 試聴 購入
8 COLOUR OF LIFE 伊東 たけし[演奏], Randy Fredrix/Philippe Saisse[作曲], Randy Fredrix/Philippe Saisse[作詞] 0:04:24 ¥540 試聴 購入