一時停止 再生


音量小 音量大 ミュート 00:00
0
100
AAC/128kbps

Classical

TOPClassical > Philharmonia Orchestra; Lorin Maazel
マーラー:交響曲第9番

マーラー:交響曲第9番

Philharmonia Orchestra; Lorin Maazel Signum Records リリース日:2016/11/15 ファイル形式:
| WAV | 44.1kHz/24bit 
| FLAC | 44.1kHz/24bit 
アルバム購入 ¥1,000 購入
音楽人生の集大成として「最高傑作」との誉も高いマーラー最後の交響曲
1997年に設立され、クラシックを中心に厳選された良質の音楽を提供し続けているイギリスのレーベル「Signum Records」より、2015年にリリースされたオーストリアを代表する作曲家グスタフ・マーラーの作品を取り上げたアルバムをご紹介!

今作『Mahler: Symphonies Nos.7-9』はもともと6枚組のアルバムだが、今回はその6枚を2枚ずつリリースという形になる。第3弾となる今作は『交響曲第9番ニ長調』を収録。第10番が未完成のままマーラーはこの世を去ったため、交響曲としては最後の完成作品となった。『交響曲第8番』そして『大地の歌』と声楽を用いた作品が続いていたが、今作で再び純器楽路線に帰還。4楽章構成という古典派スタイルではあるものの、第1楽章のスタートからハ長調とはいえ暗いイメージのパートが続き、第4楽章では半音低い半ハ長調で構成されるなど伝統的手法とは違う方法論を採用している。この方法論は後の「コラージュ音楽」の原型になったともいわれ、マーラーの交響曲の集大成として最高傑作と評価する専門家も多い作品だ。確かに、抒情的に展開するパート、動と静で構成されるパート、各楽器の際立たせ方など「これぞマーラー作品」と思わせる展開となっている。

2014年に84歳で亡くなるまで現役を通した指揮者・ロリンマゼールは、この作品を忠実に再現することで魅力を最大限に引き出すことに成功している。全体で95分近い長さだが、CDでも一気に惹き込まれる魅力に満ちた作品だ。マーラー作品の集大成として、マーラーファンはもちろんそれ以外のリスナーにもぜひ聴いてもらいたい。

Philharmonia Orchestra
Lorin Maazel(Conductor)
トラック 曲 名 クレジット 時 間 金 額 試 聴 購 入
1 Symphony No. 9: I. Andante comodo Philharmonia Orchestra; Lorin Maazel[演奏], Gustav Mahler[作曲] 0:35:47 ¥300 試聴 購入
2 Symphony No. 9: II. Im Tempo eines gemächlichen Ländlers. Etwas täppisch und sehr derb Philharmonia Orchestra; Lorin Maazel[演奏], Gustav Mahler[作曲] 0:15:51 ¥300 試聴 購入
3 Symphony No. 9: III. Rondo-Burleske. Allegro assai. Sehr trotzig Philharmonia Orchestra; Lorin Maazel[演奏], Gustav Mahler[作曲] 0:15:11 ¥300 試聴 購入
4 Symphony No. 9: IV. Adagio. Sehr langsam und noch zurückhaltend Philharmonia Orchestra; Lorin Maazel[演奏], Gustav Mahler[作曲] 0:29:10 ¥300 試聴 購入